塗装直し

2009年1月23日(金)

フランスのピアノ「プレイエル」の化粧が輸入中に少々乱れたようで、化粧直しのために解体。

外装はここまで解体し、再調整することもあるわけで、新品と言えど手作りの輸入品は、なにもかも楽ではない。

Pleyel P115

マホガニーの綺麗な仕上げだし、下の木材は柔らかいので作業も余計に大変である

響きの感じのみならず、外装の雰囲気がドイツとフランスで違うのも興味深い。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*