C.B E & L

2013年7月10日(水)

暑い日が続きぐったりですね…
工房には中古が沢山入りました。
その中のbechstein EとLを作業しています。

 


1920年代の楽器です。
Eは当時のフルコンサートグランドです。
駒修理をするかどうか悩みましたが、次高音域はやはり行いました。

 


駒突き(削ぎ)は色んな方法がありますが、弊社ではbechsteinで当時行われていたように、ピン穴から鑿を入れます。

響板修理のためニスを剥がしています。面積が広く大変でした。

 

シーズニングのための準備です。

 

グランドピアノ二台しかも片方はフルコンサートですので、ただでさえ狭い部屋が…

 

二台同時進行は始めてなので、いろいろとアタフタすることもしばしばです。
段取りよく進めますように

 

それではまた
kiku

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*