【連載】ベヒシュタイン物語 第4楽章 日本におけるベヒシュタイン

  34,《日本楽器が作った宣伝パンフ》     〈ピアノの御選定につきまして〉 わが国では輸入品でさえあれば、何でも品質の優秀を意味するものと誤解されております。それは「上等舶来」という言… 続きを読む

中古入荷情報

皆さんこんにちは。 赤坂ベヒシュタインター店長の向井です。 本日は人気ベヒシュタイン中古ピアノが赤坂店へ入荷いたしましたのでご紹介いたします。 Bechstein モデルS (1930年頃製造)です。 このピアノ。なんと… 続きを読む

【連載】ベヒシュタイン物語 第4楽章 日本におけるベヒシュタイン

  第4楽章 日本におけるベヒシュタイン 32,《首相官邸のピアノ》   「千代田区永田町二丁目三番地一号、渋くくすんだ煉瓦づくり、二階建ての古めかしい館(館と呼ばれることが一番似合いそうな)である。… 続きを読む

【連載】ベヒシュタイン物語 第3楽章 ベヒシュタインはこうして作られる

  31,《一流ピアノを持つぜいたく》   本物のドイツ製のピアノに触れて、本場のピアノ作りの思想に初めて出逢った、という方も多いと思います。日本には、ピアノは江戸時代末期からはいってきましたが、その… 続きを読む

【連載】ベヒシュタイン物語 第3楽章 ベヒシュタインはこうして作られる

  30,《アフターサービス・技術者研修》   軽やかなそして敏感なタッチは、熟練した技術者によってのみ作り出されます。ベヒシュタイン社では、長年にわたる研究と多くの実績により、この反応の早い繊細なタ… 続きを読む

【連載】ベヒシュタイン物語 第3楽章 ベヒシュタインはこうして作られる

  28,《ピアノの経済学》   もうひとつ、何も一〇〇年も先の話でなく、一〇年、二〇年先の「ピアノ経済」というお話をいたしましょう。 ピアノは木、動物、特に貴重な野生の鹿の皮、羊の毛、鉄それに人件費… 続きを読む

【連載】ベヒシュタイン物語 第3楽章 ベヒシュタインはこうして作られる

26,《価格と資産価値からみると……》   ベヒシュタインは一八五三年に最初の楽器が作られてから、既に十八万台を超える台数が製作されています。この台数は他のピアノメーカーと比較すれば、決して多いとは言えません。… 続きを読む

【連載】ベヒシュタイン物語 第3楽章 ベヒシュタインはこうして作られる

25,《モデルの選択をどうするか》   日本製をはじめとする量産メーカーでは、小型のグランドピアノと大型のグランドピアノでは、その使用する材料は明らかに異なります。つまり大型のものほど良い材料を使用して、価格も… 続きを読む

赤坂ファーストフライデーコンサート出演者募集!

  出演者募集   ~アットホームな雰囲気の中で、気軽に演奏会を開きませんか?~ 現在ピアニストとして活動されている方、またはピアニストを目指している方、音高・音大生の方、ピアノ教室の先生、本格的に演… 続きを読む

Neupert スピネットzenti納入してきました♪

先日、無事納入してきたNeupert zenti(ノイペルト ツェンティ)です。 注文してからは1ヵ月も待たずに日本に入ってきてましたが、お客様の都合により10月に延びておりました。 この色はターコイズブルーで金のライン… 続きを読む