【連載】ベヒシュタイン物語 第3楽章 ベヒシュタインはこうして作られる

26,《価格と資産価値からみると……》   ベヒシュタインは一八五三年に最初の楽器が作られてから、既に十八万台を超える台数が製作されています。この台数は他のピアノメーカーと比較すれば、決して多いとは言えません。… 続きを読む

【連載】ベヒシュタイン物語 第3楽章 ベヒシュタインはこうして作られる

25,《モデルの選択をどうするか》   日本製をはじめとする量産メーカーでは、小型のグランドピアノと大型のグランドピアノでは、その使用する材料は明らかに異なります。つまり大型のものほど良い材料を使用して、価格も… 続きを読む

赤坂ファーストフライデーコンサート出演者募集!

  出演者募集   ~アットホームな雰囲気の中で、気軽に演奏会を開きませんか?~ 現在ピアニストとして活動されている方、またはピアニストを目指している方、音高・音大生の方、ピアノ教室の先生、本格的に演… 続きを読む

Neupert スピネットzenti納入してきました♪

先日、無事納入してきたNeupert zenti(ノイペルト ツェンティ)です。 注文してからは1ヵ月も待たずに日本に入ってきてましたが、お客様の都合により10月に延びておりました。 この色はターコイズブルーで金のライン… 続きを読む

【連載】ベヒシュタイン物語 第3楽章 ベヒシュタインはこうして作られる

24,《材料・製作過程》   24-15〈ハンマー HAEMMER〉 鍵盤を押したピアニストの意志に従い、弦を打って最終的に音を出すのがハンマーです。ピアノという楽器が生を受けてから、さまざまなハンマーが用いら… 続きを読む

【連載】ベヒシュタイン物語 目次

皆様こんにちは。 2015年3月から連載をしております“ベヒシュタイン物語”ですが、いよいよ中盤に差し掛かりました。 そこで、途中からお読みになり始めた方にも過去の掲載が見やすいように目次を作成いたしました。 お読みにな… 続きを読む

第16回ベヒシュタイン・デー 哀愁のヴィオラ&ピアノ

第16回ベヒシュタイン・デー 哀愁のヴィオラ&ピアノ 落ち着きのある渋い音色のヴィオラ。 オーケストラではあまり目立つ存在ではないものの弦楽器と管楽器の橋渡し役として、また内声部を支える縁の下の力持ちという重要な役割を担… 続きを読む

赤坂ベヒシュタイン・サロン補助ペダル設置しました!

こんにちは! 赤坂ベヒシュタイン・サロン(スタジオ)をご利用される皆様に朗報です。 今まではわざわざお持ち頂いておりましたが、やっと補助ペダルの設置が完了しました! 発表会前など、小さなお子様のご利用どんどんお待ちしてお… 続きを読む

近藤嘉宏氏選定モデルのご案内

高価なヨーロッパ製ピアノを選ぶにあたって、その良し悪しを選ぶという事は大変難しい事です。それはピアノの個体差もありますがどの様な観点で選ぶか?という事が鍵になります。 何故ならば、ピアノの反応は弾き手の技術レベルで印象が… 続きを読む

C.Bechstein Balance116納品(クローフィッシュ赤坂)

ピアノ調律師様のご紹介で、赤坂見附駅前ののライブハウス「クローフィッシュ赤坂」にベヒシュタイン・バランス116を納品させて頂きました。  クローフィッシュ赤坂は、クラシック、ジャズ、ファンク、フュージョン、ポップスなど様… 続きを読む