コンサートイベント

作曲家たちの傑作のなかには、時に、愛するひとへの、ごく個人的なメッセージが秘められた音楽があります。
ベートーヴェンが最も愛した「不滅の恋人」A、そしてシューマン、ブラームスの2人の作曲家に愛されたクララ・シューマンをめぐる音楽の恋文ラブレター、スクープ記者になったつもりで、ご一緒に覗いてみませんか?
とっておきの隠れ家、調布しらべの蔵で、最高のソリストたちをお迎えしてお届けする全3回のシリーズです。

イベント詳細

内藤 晃 レクチャーコンサートシリーズ 音楽の恋文~作曲家たちの愛を聴く

第1回 苦難を乗り越え~シューマンとクララ

2017年4月29日(土・祝)

開演 14:00 開蔵 13:30 / 開演 17:00 開蔵 16:30

ソプラノ 川口 聖加

ピアノ・お話し・構成 内藤 晃

【プログラム】

子どもの情景 Op.15

歌曲集「ミルテの花」Op.25 より

歌曲集「女の愛と生涯」Op.42 ほか

【お申し込み】

しらべの蔵ホームページよりお申し込みいただけます

TEL:070-3526-4043

【プロフィール】

川口 聖加 Seika Kawaguchi ソプラノ
新潟大学卒業後、同大学院教育学研究科修了。オランダ王立音楽院のソロ声楽科にて学び、国家演奏家資格を取得し、卒業。これまでに平井由利子、鈴木峰男、箕輪久夫、小山紀子、村上雅英、テア・ファンデアプテン、バーバラ・ピアソン、レニー・ファンデンヘーフェル、小山由美の各氏に師事。またエリー・アーメリング、マイケル・チャンス、アレクサンダー・オリヴァー、アニエス・メロン、エディット・マティス各氏のレッスンを受ける。 フランス・ドイツ歌曲を中心に、オペラ、バロック声楽曲、宗教曲、現代曲まで、国内外で演奏活動を行っている。NHK-FM、その他各局のテレビ番組に出演。CD「リラの花咲くころ」「タケミツソングス」をリリース。

内藤 晃 Akira Naito ピアノ・お話し・構成
東京外国語大学卒業。桐朋学園大学指揮教室、ヤルヴィ・アカデミー(エストニア)にて指揮の研鑽を積む。2008年、デビューCD 「Primavera」がレコード芸術特選盤に選出され、「作品の内面と一体化した純粋な表現は聴き手を惹きつけてやまない」と評価される。ピアノ、オーケストラの指揮、映画音楽の作曲など幅広く活躍し、「もっと深い音楽体験」への道案内を志したユニークなレクチャーコンサートが好評。監訳書C.ローゼン著「ベートーヴェンを“読む”」ほか、著作、校訂楽譜多数。月刊「音楽現代」にてコラム「名曲の向こう側」連載中。「おんがくしつトリオ」主宰。ピアノを城田英子、広瀬宣行、川上昌裕、V.トイフルマイヤーの各氏に、指揮を紙谷一衛、L.グリン、曽我大介の各氏に師事。http://www.geocities.jp/ak_naito/

 

 

開催日

2017年4月29日(土)

開催場所

その他

しらべの蔵 東京都調布市 ※場所詳細はご予約いただいた方のみにお伝えいたします。
京王線 調布駅徒歩4~5分

料金

各回3,000円 通し券8,000円 (全公演 全席自由)