レッスンイベント

これまで参加者の方々から「武蔵ホールは、遠いけれど演奏する価値がある!」とのお声を頂いております。日ごろの練習の発表の場として、本番前の演奏の場として、武蔵ホールの温かな響きの中でベヒシュタインの魅力を存分にお楽しみください。ピアノソロのみならず、アンサンブルでのご参加もお待ちしております。末永先生をより身近に感じて頂ける懇親会は、参加者の方々同士の交流の場としても人気です。

イベント詳細

皆様からの熱いご要望にお応えし、(武蔵ホールでは最後の)ベヒシュタイン俱楽部を開催する事となりました。武蔵ホールで初めてベヒシュタイン俱楽部を開催した時から、大人気で親交の深い末永匡先生を講師にお迎えして開催致します。
懇親会での末永先生とのトークを楽しみにされていらっしゃるお客様も多いかと思います。

日頃の練習の成果を発揮する場として、音楽を愛する方々との交流の場として、そしてベヒシュタインとホールの響きを存分にお楽しみ頂く場として、是非ご参加ください。

今回、お一人でも多くの方にご参加頂けますよう15分枠は設けておりません。何卒ご了承ください。

HP・Facebook・Twitterにてご案内しております。
ベヒシュタインピアノは、演奏者のタッチを繊細に反映いたします。より豊かな表現のために・ご自身の音色に多彩な色彩を添えるために・・・ぜひご参加ください!

開催日:2017年8月27日(日)

チラシのダウンロードはこちら

 

開演 13:00

全体講評 17:30

懇親会 17:30~18:30   

参加費:演奏時間   8 分以内 8,000円
演奏時間 12 分以内 10,000円

 

お申込みは、メール・FAXのみでお願いいたします。
Email: muh@euro-piano.co.jp  / FAX:04-2946-7847

 
お問合せ:TEL:04-2962-5668 (電話でのお申込みはお受けしておりません)
電話お問合せ時間 10:00-19:00 (武蔵ホールの電話は、東京ショールームに転送される場合があります)

 

末永匡氏 プロフィール

桐朋学園音楽大学、ベルリン芸術大学、フライブルグ音楽大学、モーツァルテウム音楽院で研鑽を積む。2006年ドイツ演奏家国家資格を授与される。同年ドイツバーデン・バーデンブラームス協会から招待を受け、ブラームスが実際に住んでいた家に研究のため滞在。2009年東京文化会館でのリサイタルデビューを皮切りにその実力が認められ、今日まで様々な音楽祭やコンサートに招かれている。また、日本国内のみならずヨーロッパ、中東、アジアの各地で国際的な演奏活動を繰り広げている。国内外のオーケストラ、著名な音楽家からも信頼を得ており幾度と共演を重ねている。末永のボーダーレスの表現力は様々なジャンルのアートとのコラボレーションを可能にし、即興などでコンテンポラリーの分野にも積極的に挑戦している。教育にも熱心に取り組み全国的な展開を見せ、公開レッスンは熱心な聴講と参加希望者がたえず、レクチャーでは様々な観点から音楽を伝えている。所属事務所ミリオンコンサート協会。デビューアルバム「Intermezzo」がレコード芸術にて準特選に選出。中島和彦、G.ミショリー、H.ライグラフ、D.クラウス、 E.アンドレアスの各氏に師事。

「末永匡オフィシャルブログ」http://tdsuenaga.blogspot.jp/

開催日

2017年8月27日(日)

開催場所

ベヒシュタイン武蔵ホール

ベヒシュタイン武蔵ホール
〒358-0011 埼玉県入間市下藤沢494-1

料金

演奏時間8分以内:8,000円
演奏時間12分以内:10,000円

*2名以上のアンサンブルでお申し込みの場合は、プラス1名につき3,000円
例:ピアノ1名・ヴァイオリン1名・チェロ1名の計3名で8分演奏の場合8,000円+6,000円(3,000円×2名分)=14,000円