December 2017
M T W T F S S
« Nov   Jan »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

コンサートイベント

赤坂ベヒシュタインサロン ランチタイムコンサート
~明日の音楽家たち~

プロの演奏家を目指す音大生が心を込めて演奏します。
近くにお住いの方々やオフィスで働く方々を中心に気軽にお越し頂き、
若き音楽家の将来を応援するコンサートシリーズです。
どうぞお気軽にベヒシュタイン赤坂サロンへお越しください。

コンサートイベント

第21回赤坂ファースト・フライディ・コンサート
親子の響き~名曲と共に~

第21回FFコンサートは小田切美香さん、伶夏さん親子初共演のコンサートをお届けいたします。背丈も好みも演奏スタイルも異なる二人が様々な時代、国の著名な作曲家の作品や日本歌曲を親子の絆で息の合った演奏を披露致します。『色々な国へ旅行したような気分になれる』そんなコンサートをお楽しみください。

コンサートイベント

赤坂ベヒシュタインサロン ランチタイムコンサート
「伝統と革新」

世界の名演奏家を輩出し続ける日本の伝統ある名門校「桐朋学園大学」。ドビュッシーやリストが絶賛し、多くの演奏家から愛される続けるピアノの銘器「ベヒシュタイン」。長い歴史と格式高い「赤坂」の街で、梅津時比古学長プロデュースの下世界へ羽ばたく将来有望な音楽家が演奏します。
どうぞお気軽に赤坂ベヒシュタインサロンへお出かけください。

出演:黒田哲平(桐朋学園大学2年)

コンサートイベント

第20回赤坂ファースト・フライディ・コンサート
Pour le son~音色のために

この度『Par-Is』というCDをリリース致しました。題名である『Par-Is』は『イースのような』という意味で俗説ではフランスのパリの語源でもあると言われています。グラドロン王の建てた教会のミサが行われなくなった時、この世の物とは思えない程美しい姿で浮上してくると言われているイース。ドビュッシー作曲の『沈める寺』はこのイースの伝説が元になっており、伝説の街イースは海底に沈んでいてグラドロンの教会の祈りの声とイースが浮上する姿、そして鳴り響く教会の鐘の音を表現したもの。ドビュッシーとベヒシュタインのピアノは深い繋がりがあり、私の師匠の師匠であるマルセル ジャンピ氏にドビュッシーは死の間際までベヒシュタインを使って彼の色彩感を表現する奏法を伝えたと聞いています。口伝のようにドビュッシーからジャンピ氏、師匠のサリーサージェント、そして私に伝授された奏法でドビュッシーの作品を演奏できる事にこの上なく喜びを感じています。

コンサートイベント

赤坂ベヒシュタインサロンランチタイムコンサート

10/9 (月・祝)12:00からの赤坂ベヒシュタインランチタイムコンサートは、フェリス女学院大学3年在学中の峯 梨良 さんと、前回大変ご好評頂いた黒川浩先生(ピアニスト・フェリス女学院大学教授)の、ベヒシュタインレクチャーミニコンサートをお楽しみ頂きます。

是非皆様お誘い合わせの上、赤坂ベヒシュタインサロンまでお越しください。(入場無料・要申し込み)

コンサートイベント

第19回赤坂ファースト・フライディ・コンサート
ヴァイオリンとピアノによるデュオコンサート

第19回FFコンサートは、ヴァイオリニストの蛯名桃子さん、ピアニストの望月香菜子さんにご出演頂き、ヴァイオリンとピアノのためのソナタを中心に演奏するパピヨンによるコンサートをお届けいたします。前半ではフランスを代表する作曲家ドビュッシーが人生の最後に完成させたソナタ。そして後半ではヴァイオリニストとピアニストが対等の立場で音楽を作りあげるソナタに人生をかけて取り組んだベートーヴェンのソナタ。この2つのソナタを中心に、バイオリンと美しく多彩な音を奏でることのできるベヒシュタインのピアノにより繰り広げられる音の会話をお楽しみください。

コンサートイベント

赤坂ベヒシュタインサロン ランチタイムコンサート
1台4手ピアノの響宴

間世田采伽 東京藝術大学3年

高井玄樹 東京藝術大学3年

コンサートイベント

赤坂ベヒシュタインサロン ランチタイムコンサート
チェロとピアノが紡ぐショパン

新井 昴 (Vc)東京音楽大学大学院2年

兵藤 彩子(Pf)東京音楽大学大学院2年

コンサートイベント

第22回 ベヒシュタイン・デー
ベヒシュタインを聴く~ その音色に魅了された作曲家たちへの誘い~

『ピアノの魅力』を演奏とお話しで綴る1時間

演奏:城島 恵子(pf)

コンサートイベント

第21回 ベヒシュタイン・デー
「ベヒシュタインで聴くベートーヴェン、ヴァイオリンとともに」

今月はベヒシュタインを使用して録音を予定している本多昌子さんの登場です。
ヴァイオリンとのアンサンブル、その調和のひと時をご一緒に過ごしてみませんか?

演奏:本多昌子(pf)、山中直子(vl)