October 2017
M T W T F S S
« Sep   Nov »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

コンサートイベント

赤坂ベヒシュタインサロンランチタイムコンサート

10/9 (月・祝)12:00からの赤坂ベヒシュタインランチタイムコンサートは、フェリス女学院大学3年在学中の峯 梨良 さんと、前回大変ご好評頂いた黒川浩先生(ピアニスト・フェリス女学院大学教授)の、ベヒシュタインレクチャーミニコンサートをお楽しみ頂きます。

是非皆様お誘い合わせの上、赤坂ベヒシュタインサロンまでお越しください。(入場無料・要申し込み)

コンサートイベント

第19回赤坂ファースト・フライディ・コンサート
ヴァイオリンとピアノによるデュオコンサート

第19回FFコンサートは、ヴァイオリニストの蛯名桃子さん、ピアニストの望月香菜子さんにご出演頂き、ヴァイオリンとピアノのためのソナタを中心に演奏するパピヨンによるコンサートをお届けいたします。前半ではフランスを代表する作曲家ドビュッシーが人生の最後に完成させたソナタ。そして後半ではヴァイオリニストとピアニストが対等の立場で音楽を作りあげるソナタに人生をかけて取り組んだベートーヴェンのソナタ。この2つのソナタを中心に、バイオリンと美しく多彩な音を奏でることのできるベヒシュタインのピアノにより繰り広げられる音の会話をお楽しみください。

コンサートイベント

赤坂ベヒシュタインサロン ランチタイムコンサート
1台4手ピアノの響宴

間世田采伽 東京藝術大学3年

高井玄樹 東京藝術大学3年

コンサートイベント

赤坂ベヒシュタインサロン ランチタイムコンサート
チェロとピアノが紡ぐショパン

新井 昴 (Vc)東京音楽大学大学院2年

兵藤 彩子(Pf)東京音楽大学大学院2年

コンサートイベント

第22回 ベヒシュタイン・デー
ベヒシュタインを聴く~ その音色に魅了された作曲家たちへの誘い~

『ピアノの魅力』を演奏とお話しで綴る1時間

演奏:城島 恵子(pf)

コンサートイベント

第21回 ベヒシュタイン・デー
「ベヒシュタインで聴くベートーヴェン、ヴァイオリンとともに」

今月はベヒシュタインを使用して録音を予定している本多昌子さんの登場です。
ヴァイオリンとのアンサンブル、その調和のひと時をご一緒に過ごしてみませんか?

演奏:本多昌子(pf)、山中直子(vl)

コンサートイベント

第18回赤坂ファースト・フライディ・コンサート
「村松海渡 ピアノリサイタル〜ベヒシュタインで聴く若きロマン〜」

第18回FFコンサートは、現役東大生ピアニストの村松海渡さんに出演頂きます。
前半では、ショパンのその優美さと雄弁さをベヒシュタインのピアノにのせて演奏いたします。後半はショパンとリストのエチュードにより、クラシック界の偉人たちが互いに影響し合う様を感じていただき、またそれとは対照的なスクリャービンやラヴェル、そして村松さんにとって特に思入れのあるというリストの伝説第2番『海の上を渡るパオラの聖フランチェスコ』をお届けいたします。過去数々のコンクールで多数の受賞をしながら、あえて音大へは進まず、東大という道を選択し『音楽のために、科学をも学んでいる』村松さんの学びのテーマである『音楽のための科学』とはなにか?その本質をベヒシュタインピアノと村松さん自身の演奏を通じて皆様にご紹介いたします。

レッスンイベント

赤坂ベヒシュタイン夏の特別企画
~ピアノの構造 不思議発見!~

第1部 ピアノの中を覗いた事がありますか?
皆さんの前でグランドピアノを解体していきます。音の出る仕組みを知り、ますますピアノが好きになるでしょう。
調律師:向井一秀

第2部 ピアノデュオ・ミニコンサート
出演: Piano Duo Butterfly(中山 優香・冨永彩子)
音の出方がわかった後は、その音が重なり奏でる美しい演奏をお楽しみください。1台の楽器を4手で演奏します。お楽しみに。

第3部 ショールーム探検
沢山の種類のピアノを見に行こう!

コンサートイベント

第17回赤坂ファースト・フライディ・コンサート
「ベヒシュタインの余韻 作曲家たちの想いを寄せて」

ピアノ演奏の研鑽を積んでいる最中、ベヒシュタインをコンクールの場で弾く機会に恵まれました。その経験からベヒシュタインというピアノは、奏者の意図が素早く反映され音として出るので弾き手の質が露わになり、それが難しさでもあり良さでもあると思いました。今回プログラムには各時代の著名な作曲家の曲を取り上げることにしました。ベヒシュタインという楽器によって演奏者の個性がどのように表現されるかをお楽しみいただければ幸いです。

コンサートイベント

第16回赤坂ファースト・フライディ・コンサート
「ショパンの愛弟子 若き天才作曲家 :カール・フィルチュの世界」

ショパンのもっとも愛した弟子、カール・フィルチュは14歳で早世した。彼の存在だけは知られていたが、その作品はまったく世に埋もれていた。ピアニスト萩原千代はルーマニアで発見されたフィルチュの作品を現地で研究。そして、CD、〜ショパンの愛弟子 若き天才作曲家〜 カール・フィルチュの世界〜を発表した。今回はその記念コンサートとなる。特別にルーマニアの国立オーケストラの指揮者、尾崎晋也氏を招き、カール・フィルチュの楽曲や背景のレクチャーとともに作品を鑑賞する。