レッスンイベント

2018年6月30日(土)
開演14:00 (開場13:30)

普段あまり触ることのない、チェンバロの音色やその仕組みについてのトーク、そしてその音色を実際に見て、聴いて、触ることのできるコンサートです。

チェンバロは音楽を勉強していくには必須のバロック時代に使用された楽器ですが、その楽器で実際にバッハなどを弾いた事のある方は少ないかと思います。

またヴァイオリンやピアノについてもお話ししていきます。
チェンバロを3つの感覚で体験できるこの機会にぜひお越しください!


出演
辻本 彩
(チェンバロ、ベヒシュタイン・サロン音楽教室講師)

高木和弘
(ヴァイオリン)

尾山 格
(お話、ユーロピアノ(株)技術者)


【プログラム】
J.S.バッハ     ヴァイオリンソナタ BWV1015
F.クープラン    クラヴサン組曲第4巻より(チェンバロ・ソロ) 
N.パガニーニ    24の奇想曲より (ヴァイオリン・ソロ)
A.ヴィヴァルディ 四季より
H.W.エルンスト  シューベルトの『魔王』による大奇想曲 Op.26
N.パガニーニ   ≪うつろな心≫による序奏と変奏曲 op.38

演奏の他、チェンバロ、ヴァイオリン、ベヒシュタインピアノに関するトークや楽器体験も行います!

イベント詳細

PROFILE

 

辻本 彩 Aya Tsujimoto

幼少よりピアノを始め、桐朋学園大学付属高等学校ピアノ科入学。

卒業後、チェンバロを始め、渡仏。パリ国立高等音楽院・チェンバロ科入学。

在学中に第11回ベルギー・ブルージュ国際チェンバロコンクール入賞。

同音楽院をチェンバロ科、室内楽において審査員満場一致の首席、通奏低音を一等で卒業し、帰国。

帰国後はソロリサイタルや室内楽、オーケストラ等の活動をしながら後進の指導にあたっている。

これまでにユゲット・ドレイフュス、ケネス・ギルバート、クリストフ・ルセ各氏に師事。

ユーロピアノチェンバロ教室講師。

 

 

 

 

 

 

 

高木和弘 Kazuhiro Takagi
ダラス室内交響楽団/コンサートマスター
一般社団法人 日本弦楽器演奏家協会/代表理事

6歳よりバイオリンを始め、1997年度ブリュッセルで行われたエリザベート王妃国際コンクール入賞、1998年ジュネーヴ国際コンクール第3位(1位なし)、2001年フィショッフ室内楽コンクール(アメリカ・インディアナ州)にてユーシア弦楽四重奏団の第一バイオリン奏者として第一位などが挙げられる。国内では、2005年度文化庁芸術祭新人賞、大阪文化祭賞大賞受賞、2007年度第19回ミュージック・ペンクラブ音楽賞オーディオ部門録音作品賞を受賞。これまで大阪フィルハーモニー、大阪交響楽団、関西フィルハーモニー、日本センチュリー交響楽団、東京交響楽団、ベトナム国立響、ヴュルテンベルグ・フィルハーモニーなどと共演。これまでに和波孝禧、森悠子、エドワード・ウルフソン、エドワード・シュミーダーの各氏に師事。

開催日

2018年6月30日(土)

開催場所

汐留ベヒシュタイン・サロン

汐留ベヒシュタイン・サロン 〒105-0021 東京都港区東新橋2-18-2 グラディート汐留1F

料金

一般:2,000円 子ども(小学生まで):500円 親子セット:2,300円