1911年製のC.BECHSTEIN  A Klassikが入荷いたしました。

 

1911年(明治44年)は、第一次世界大戦開戦の3年前、グスタフマーラーが死去した年です。100年を超える歴史の中で音楽を奏で続けてきた、まさにヴィンテージの楽器です。

100年以上前に作られた楽器でありながら、必要なところは全て修復・調整されておりますので、製造された時代の息吹が今に蘇っております。

”ダルマ脚”、透かし彫りの譜面台、等のクラシカルな外装が目を引きますが、生み出される音は現代のC.BECHSTEINに通じる透き通った凛々しい音色です。

85鍵盤で少し細身なモデルです 通称”ダルマ脚”と譜面台が優雅な印象を与えます

見た目と実用(音が抜けて聞こえる)を兼ねた美しい譜面台です

 

象牙鍵盤で指に吸いつくようなタッチです。

チューニングピン・フィールドもピン板が見える、オープンフレーム構造

高音フェルトの肉厚も充分です。

響板には「王室御用達」の文字が紋章とともにあります

アンダーフェルトの無いタイプのハンマーフェルト

元べヒシュタインのマイスター山内氏のネームも入っています

特長

C.BECHSTEIN A は1903年から1926年の間製造されていたモデルです。

20年代以降、小型グランドピアノの需要が増え、1926年にC.BECHSTEIN MとLが登場するまで、Aはベヒシュタインのグランドピアノの中で最も小さいサイズのモデルでした。

小さなホール、サロン、ラウンジに置くのにちょうどいいサイズと言えますが、ご自宅の6畳間にも収まるサイズです!



十分に調整された状態で、これからも永く現役で使っていただける楽器です。

100年の歴史の中で奏でられてきた音色が、あなたのピアノライフをより一層豊かなものにするでしょう。

是非、一度このピアノの音を聴きに来てください。

ご来店をお待ちしております!

サイズ

奥行 : 185㎝
間口 : 147㎝
(象牙鍵盤・85鍵)

価格

¥3,980,000

状態

中古 /  展示中

展示場所

ユーロピアノ八王子技術・営業センター

〒192-0063
東京都八王子市元横山町1-12-6

鍵盤

象牙、黒檀

ペダル

2

外装

大きな傷なし