納品調律にいってきました!

スタジオオ―ナ―のO様(納入ピアノ:ベヒシュタインBモデル1904年製)

先日スタジオオ―ナ―のO様宅の納入調律に一緒にいってきました。

O様は戦前のベヒシュタインBモデルをご購入され、このピアノで録音・スタジオ貸しもされていらっしゃるようで、今も続けてこのスタジオをご自分で内装工事をしているということも聴き驚きでした。

 

納品調律では戦前のピアノ、そして2本ペダルから3本ペダルにリメイクしたこともあり

調律師がペダルの雑音、狂っている音、戻りづらい鍵盤など丹念に確認し、約1日作業をいたしました。

このスタジオを訪れ、弾いた人は

「ベヒシュタインのピアノってこんなにきれいな音色なの!!」

「こんなに古いピアノを弾くのは初めて。弾いても大丈夫なのだ!」

など、オーナーが心底気にいってくださった音色のベヒシュタインピアノファンが、どんどん増えていくような素敵なスタジオでした。

余談だが、オーナーのO様は無類の自転車好きでよく遠くまで行っているそうで、自転車ビギナーの私は行きつけの自転車屋さんに連れて行ってもらい、いろいろ教えてもらったのだった。